スキャルピング実践ブログ~凸凹トリオのデイトレード録

スキャルピング実践ブログ

ごろちっぱ

トレールで利を伸ばしたデイトレード例

投稿日:2018年10月26日 更新日:

スキャルピングを始めて6日目の金曜日です。

昨日は大失態のトレードを披露しましたが、今日は華麗なトレードを・・・と行きたいところです。

最初に利食いがうまくいったケースを紹介します。利食いというか、手動で損切り位置を変えていく、いわゆる「トレール」です。

スキャルピングでもトレールはできるんです。

では行きましょう!

取引概要


・取引通貨ペア:豪ドル/米ドル【AUD/USD】
・売買方針:売り
・ストップ:黄色線の少し上
・利食い:満足する位置

最初に1時間足で、ローソク足が黄色い線の上か下かを確認。下なのでトレードは売り目線。黄色い線の下で、zigzagが頂点を作って「戻り」ができあがり。

MACDがデッドクロスしましたので「売り」エントリー。

エントリー直後に、素早く損切り設定。レートは黄色い線の少し上に設定。

これで完了。

直後にレートが切り下がり、利益が乗ってきました。4本目の足以降で足踏みしましたが、すぐに下落開始。

いつもなら、ここで「利食いしようかなぁ」と迷うのですが、今日の僕は違います。

少し様子を見ながら、次の下落でローソク足の形成中(図の水色枠の足)に、損切り(ロスカット)レートを切り下げました。

そして、満足いくレートに達したので、利食いで終了。

ズコーンと高らかに「利食い」のラッパが響き渡り終了。

トレードを終えて

レートが徐々に切り下がっていく場合、いつも利食いで迷いながら、最終的には薄い利益で終了するパターンが多かったように思います。

利食いは損切りよりも難しいことを改めて実感しつつも、この課題を克服しないと、いつまでたっても見習いトレーダーです。

とりあえず、このトレードでは良い経験を積めたので、次回もこの調子で!

と思いつつ、実はこの次のトレードで・・・。

  • この記事を書いた人
ごろちっぱ

ごろちっぱ

トレード歴3年の見習いトレーダー。スイングトレードを主体としていたが、師匠との出会いからスキャルピングを修行中。

-ごろちっぱ

Copyright© スキャルピング実践ブログ , 2018 All Rights Reserved.