スキャルピング実践ブログ~凸凹トリオのデイトレード録

スキャルピング実践ブログ

ごろちっぱ

スキャルピングに初挑戦!

投稿日:2018年10月18日 更新日:

スキャルピング経験ほぼゼロの自分が、師匠からトレード方法を伝授してもらいましたので、早速挑戦してみました。

ある一定ルールの下、チャンスが来たら淡々とトレードすることを心がけます。

とは言え、デイトレードを含む短期売買の経験は殆どありませんから、淡々とは行かないでしょう。一喜一憂しながらも、早期退場にならないようチャレンジしていく予定です。

取引概要


・取引通貨ペア:ポンド/円【GBP/JPY】
・売買方針:売り
・ストップ:黄色線の少し上
・利食い:満足する位置

最初に1時間足で売買方針を決めます。黄色い線より現在のローソク足が下にありましたので、売り目線とします。

次に、実際にトレードする1分足で、現在のローソク足が黄色い線の上か下かをチェック。下にありましたので、1時間足と一致しました。

これで、売りの目線でチャンスを探します。

黄色い線付近で直近の高値を更新して、zigzagの頂点(戻り)が出来上がりました。売りのチャンスが到来と判断しました。

戻り足から8本目でMACDがデッドクロスしましたので「売り」のエントリー。

エントリー後、4本目の足で利食いしようと思いましたが、欲を出して利食いを見送り。次の足で上に向かい出しましたが、祈るような気持ちで利食いをこらえて、これも見送り。

次の陽線で、ビビリながらの決済で「約20銭」の利食いに成功しました。

トレードを終えて

なんともハラハラドキドキの初スキャルピングでしたが、あえて値動きの緩い時間を選んでトレードしましたので、割と考える時間はあったように感じます。

エントリーのタイミングは、基本ルールに則っての運びなので、ボタンを押す勇気さえあれば今後も何とかなりそうです。

しかし、デイトレードにしてもスイングトレードにしても「利食いの難しさは変わりないなぁ」という印象です。

わずかな時間で逆指値で損切り設定して、利食い位置を考えてと、頭はフル回転状態でした。利が伸びて行く場合の利確方法を検討する余地があると感じたスキャル初挑戦でした。

  • この記事を書いた人
ごろちっぱ

ごろちっぱ

トレード歴3年の見習いトレーダー。スイングトレードを主体としていたが、師匠との出会いからスキャルピングを修行中。

-ごろちっぱ
-, , ,

Copyright© スキャルピング実践ブログ , 2018 All Rights Reserved.