1時間足のデイトレード手法【ゆったり為替】

当ブログで使用する、ゆったり為替のトレード手法は、主に2つです。

そこで、概要を確認しましょう。

ピンバー

ピンバーとは、ローソク足の形の名前です。下の図の左側が典型的です。この形は、買いサインだと言われています。売りの場合は、上下逆さまにします。

ピンバー

なぜこれが買いサインなのか?を示すために、右側に為替レートの推移例を書いています。

始値からスタートして、大きく下落したけれども、終値は始値よりも高い位置になっていることが分かります。すなわち、下落圧力が弱く、むしろ上昇圧力の方が高いと理解できます。

これを利用した取引です。

補助線も使用する

ただし、上の形が出たらいつも買う、というわけではありません。例えば、下のチャートをご覧ください(DMMFXのチャートです)。

米ドル円の日足チャート

米ドル円の日足ですが、赤矢印部分は買いサインに見えます。しかし、買ったら損切りになってしまいます。

そこで、別の視点も必要になります。

買いのトレード

レンジまたは上昇トレンドの時に、値動きの範囲の下限あたりで買いサインが出るときに、買います。安全度を高めたいときは、為替レートがピンバー高値を超えたら買います。
ピンバー安値を下回ったら、損切りします。利食いは、適当なところで実行します。

値動きの範囲の下限とは、すなわち下値支持線(サポートライン)です。売りの場合は、この逆で考えます。

売りのトレード

レンジまたは下落トレンドの時に、値動きの範囲の上限あたりで売りサインが出るときに、売ります。安全度を高めたいときは、為替レートがピンバー安値を下回ったら売ります。
ピンバー高値を上回ったら、損切りします。利食いは、適当なところで実行します。

この方法で、継続的な資産成長を目指します。

実際のトレードでは、ここでご案内した情報だけでは不十分な場合が出てくるでしょう。そこで、トレード報告記事で補足していきます。

利食いと損切り

ここでご案内しているトレード手法は、ゆったり為替が主に使用します(その他の手法も、随時使用します)。

なお、ゆったり為替のブログ「FXゆったりトレード派」でご案内しています通り、ゆったり為替は、短期トレードがお世辞にも上手ではありません。

その状態で普段通り取引すると、大負けが想定されます。これを回避するために、以下の方針を採用します。

  • 利食い:長期足で判断
  • 損切り:短い足で判断

例えば、4時間足チャートでトレードチャンスが見つかったとしましょう。このとき、利食い位置は4時間足チャートで考えます。一方、損切り位置は、1時間足で確認します。

この意図ですが、「損切りするときは損失額を小さく、利食いする時は利幅を大きく」です。いわゆる利大損小を確実にします。

普段通りでは損してしまうのですから、これくらいの劇薬が必要でしょう。勝率は落ちると見込まれますが、1回の利食い額を大幅アップします。

FX口座選択

そして、もう一つ重要な点が、FX口座です。デイトレードやスキャルピングで悩まされる問題の一つが、スリッページです。

実は、スリッページ自体は、トレード損益に重大な影響を及ぼさないのかもしれません。問題は、精神的なダメージです。

「米ドル円を105.00円で買ったと思ったら、なぜか105.01円で買ったことになっていた。」というのが繰り返されると、ストレスが大きいです。

そのストレスは、トレード判断にも確実に悪影響を及ぼすでしょう。そこで、スリッページしないことを重視します。

  • スリッページしない
  • スプレッドも狭い
  • スキャルピング歓迎

基本はデイトレードですが、相場が短期間で大きく動く場合は、スキャルピングになるかもしれません。

一般的なFX業者は、スキャルピングを禁止しています。「最近は、繰り返しスキャルピングになっている。口座が凍結されないか心配だな」などと思いたくありません。

この基準で考えた結果、デイトレードはFXプライムbyGMOとします(窓埋めは、DMMFX)。

FXプライムbyGMOホームページでは、トレードで成功している人のインタビューを掲載しています。「スリッページのストレスがないから利用している」という趣旨の声が、たくさんあります。

FXプライム GMO 公式サイトへ

もう一つの手法は、窓です。先週末終値と今週始値を比較するとき、ぽっかりと空間ができていることがあります。これを窓と呼びます。

米ドル円のチャート

矢印1は、金曜日の終値です。そして矢印2は、翌週月曜日の始値です。為替レートに大きな差があることが分かります。

このように、為替レートに差ができる場合、月曜日の値動きは、金曜日の終値に向かって進みやすいと言われています。これを「窓は埋まる」と言います。

実際に窓が埋まる確率は、年によって異なります。しかし、概ね60%台以上を期待できます。

そこで、窓が埋まることを期待してトレードします。窓が埋まったら(月曜日の為替レートが金曜日終値と同じになったら)、利食いします。

利食いできる時の幅と同じだけ逆方向に進んだら、損切りします。

FX口座選択が重要

窓のトレードで成功するには、FX口座選択が重要です。と言いますのは、月曜日午前7時頃は、固定スプレッドでない時間帯だからです。

スプレッドがとても広いFX業者がありますし、頑張って狭くしているところもあります。

2018年あたり以降、月曜日早朝のスプレッドはDMMFXが最も狭い水準を提示してくれます。そこで、窓のトレードは、DMMFXが有力な選択肢となります。

当ブログでDMMFXを口座開設いただきますと、他サイトよりもお得にキャッシュバックをもらえます。詳細は、下のリンク先の記事でご確認ください。

当ブログ限定
DMMFXの口座開設キャンペーン(最大24,000円+特製レポート)

続きを見る

フォワードテストで検証

その後、デイトレード手法を1つに絞り、窓埋めはフォワードテストにすることにしました。

フォワードテストとは、資金を投入しないで、これから実現する為替レートを使ってトレード結果を検証することです。その結果につきまして、窓埋めトレードの検証ご案内しています。

  • この記事を書いた人
ゆったり為替

ゆったり為替

トレード歴25年の熟練トレーダー。長期トレードを好み、インジケーターはあまり好きでありません。

Copyright© スキャルピング実践ブログ , 2020 All Rights Reserved.