1時間足トレード

4月16日のトレード【ユーロ円の売りで+21.5pips】

昨日(2020年4月16日)から、本格的にデイトレードを開始しました(それ以前は、1取引で1,000通貨~2,000通貨の練習モードです)。

と言っても、今は1万通貨の取引です。資産が増加したら、徐々に取引数量を増やしていきます。

ユーロ円の売り

下は、FXプライムbyGMOの1時間足チャートです。通貨ペアは、ユーロ円です。矢印の部分で、下向き示唆のピンバーが出ています。そこで、売りました。

ユーロ円のチャート

利食い位置は、数字1の部分です。

結果としては、116.70円よりも下に進みました。よって、もっと大きな利幅を狙っても良かったのですが、どこまで進むか?というのは、事前に分かりません。

そこで、確実度が高いだろうという場所で利食いです。ピンバーの解説につきましては、下の記事でご確認ください。

補助線を追加して解説

上のチャートでは、取引開始の根拠が分かりづらいかもしれません。そこで、線を2本追記しました。

ユーロ円のチャート

赤の破線は、上値抵抗線です。この破線の位置まで為替レートが上昇すると、その後の為替レートはなぜか下落するという線です。

そして、赤の実線も似たような機能を果たしています。赤線の左半分では、下値支持線として機能しています。途中から、上値抵抗線として機能しています。

赤の矢印の部分は、この2つの上値抵抗線が重なっている部分です。ここで、下落示唆のピンバーが出現しました。

よって、今後は上昇よりも下落の可能性の方が高いだろう、と考えました。そして、正解でした。

  • この記事を書いた人
ゆったり為替

ゆったり為替

トレード歴25年の熟練トレーダー。長期トレードを好み、インジケーターはあまり好きでありません。

-1時間足トレード
-

Copyright© スキャルピング実践ブログ , 2020 All Rights Reserved.