1分足スキャルピング

セオリーを無視したFXトレードはどうなる?

スキャルピングを始めて5日目の報告は、恥ずかしい失敗トレードです。

教えて頂いたセオリーを度外視し、基本形から大きく外れたトレード結果は、当然のごとく相場から追い出されました。その内訳を、恥も外聞もなく公開しちゃいます。

取引概要


・取引通貨ペア:ユ-ロ/ポンド【EUR/GBP】
・売買方針:売り
・ストップ:直近高値の少し上
・利食い:満足する位置

1時間足では、ローソク足は黄色い線の下。つまり売り目線。

1分足ではローソク足は黄色い線の上。つまり、「売ってはいけない!」

なのに・・・。

黄色い線の上でzigzagの頂点ができました。「おっ?!」

MACDがデッドクロスしました。

瞬間的に「売り」ボタンを押してしまった・・・。

スグに終了すれば良いものを、せっせと損切り設定して、あわよくばを狙う状態で、相場の神様に祈りつつ、待つこと20分以上。。

ズコーンと高らかに「損切り」のラッパが響き渡り終了。

これを先生に報告すると「こるぅらぁ!!何の根拠でエントリーしてんだよ!」

以上。

トレードを終えて

反省。。お休みなさいzzz

トレードを終えてⅡ

寝られないw

大体、失敗だと思ったら、ロスカット待たずに自ら退場すべきだった。。

と、もう一度大反省して、Gooooooood Night!

  • この記事を書いた人
ごろちっぱ

ごろちっぱ

ゆったり為替氏に指導を仰ぎ、2014年からFXのスイングトレードを主体として実トレードを開始。2018年に短期トレードの師匠と出会い、デイトレ・スキャルピングを修行中。

-1分足スキャルピング
-,

Copyright© スキャルピング実践ブログ , 2020 All Rights Reserved.