1分足トレード

ポンド/円【GBP/JPY】のナイスなスキャルピング

スキャルピングに挑戦して2日目

今日は、いきなり損切りのスタートでしたが、最後にポンド円のナイスなトレードもありましたので、書いておきます。

取引概要


・取引通貨ペア:ポンド/円【GBP/JPY】
・売買方針:売り
・ストップ:黄色線の少し上
・利食い:満足する位置

例によって、黄色い線より下で高値を更新して、zigzagの頂点(戻り)が出来上がりましたので、売りのチャンスと判断しました。

戻り足から7本目でMACDがデッドクロスしましたので「売り」のエントリー。損切りレートは黄色い線の辺りです。

エントリー後、3本目の足で上昇した瞬間「またかよ!」と思いつつ静観。直後に赤いラインで反発して下落を始めました。

ここからは利食いのタイミングを待って、素早く決済することを心がけましたが、ゆる~~い下落でしたので、含み益に満足いきません。

時は0時に迫ろうという瞬間に下落スピードが上がり出しましたので、待つことローソク足で5本(約5分)のタイミングで決済完了です。

ポンド/円はボラが大きいので、1分足のスキャルピングとはいえトレード中に一瞬でもこのような動きがあると、獲得できるpipsが跳ね上がりますね。

その後の値動きはどうなったか?

それは想像にお任せします。

トレードを終えて

ロスカットのトレードから始まって、徐々にコツを掴んできたと思ったら、また連敗。反省しつつ再チャレンジして連勝。

最後は、少し大きめの利確で終了できたので、満足のいく結果でした。明日は土曜日なのでトレードはお休みです。

週末この反省を活かしつつ、来週から再スタートします。

このトレードで採用している手法は、別記事の『1分足スキャルピングに利用するインジケーター』で解説していますので、興味のある方は参照してみて下さい。
  • この記事を書いた人
ごろちっぱ

ごろちっぱ

ゆったり為替氏に指導を仰ぎ、2014年からFXのスイングトレードを主体として実トレードを開始。2018年に短期トレードの師匠と出会い、デイトレ・スキャルピングを修行中。

-1分足トレード
-

Copyright© スキャルピング実践ブログ , 2020 All Rights Reserved.