スキャルピング実践ブログ~凸凹トリオのデイトレード録

スキャルピング実践ブログ

ごろちっぱ

利益が乗ってるのにストップ

投稿日:2018年10月26日 更新日:

ポンド/円にチャンスが来ましたので、本日、最後のトレードです。

前回のトレードでは、利食い後さらに利を伸ばして行くチャンスを逃してしてしまい、改めてFXの利食いの難しさを思い知らされました。

今回も、利食いをテーマにトレードしてみようと思います。

取引概要


・取引通貨ペア:ポンド/円【GBP/JPY】
・売買方針:売り
・ストップ:黄色線の少し上
・利食い:満足する位置

まずは1時間足で黄色い線のチェック。1分足も売りの領域でzigzagの頂点を作りました。

完璧な「売り」の局面です。戻りを確認した後、下落してスグに上昇しましたので、高値を更新する可能性も排除できません。

すると、zigzagの頂点から17本目の足でデッドクロスしましたので、ここでエントリー。

サクサクッと、損切り(ロスカット)を、黄色い線の少し上に入れます(図の損切り①)。

順調に下落していき、利が乗りましたので利確を検討します。

が、数分前のトレードで、利確後のさらなる下落が頭をよぎります。

「ここはトレールで!」

ということで、損切り位置を切り下げます(図の損切り②)。

すると、レートが切り上がり出しました。MACDの動きも怪しいです。

ということで、結果は図の通りSTOPがかかり、ここで取引終了。

利益は確保されましたが、今回も利食いに成功したとは言えない内容でした。

トレードを終えて


前回は、売り仕掛けで利確後、さらに下落。

今回は、売り仕掛けでトレールで利を伸ばそうとしてSTOP。

まるで相場の神様に嫌われているかのような終了のしかたでした。

スキャルピングに挑戦して1週間を過ぎましたが、とにかく「利確が難しい」に尽きます。

来週からもまた、利確の課題に取り組んでいこうと思います。

  • この記事を書いた人
ごろちっぱ

ごろちっぱ

トレード歴3年の見習いトレーダー。スイングトレードを主体としていたが、師匠との出会いからスキャルピングを修行中。

-ごろちっぱ
-,

Copyright© スキャルピング実践ブログ , 2018 All Rights Reserved.