FXの5分足手法

スキャルピングで+70pips超えの利食いに成功【2020年5月14日】

昨日は、指値が一つも入らずにノートレードでした。

そこで、パソコンに向かってトレードできる時は、指値と成行を上手く使い分けて、エントリーに工夫を加えてチャレンジすることにしてみました。

3通貨ペアでトレードを行った結果、トータルで+70.8pips獲得です。

取引概要

トレード1

・取引通貨ペア:米ドル/スイスフラン【USD/CHF】
・売買方針:買い
・ストップ:平均20pips程度
・利食い:目標 20pips

トレード2

・取引通貨ペア:ユーロ/米ドル【EUR/USD】
・売買方針:売り
・ストップ:平均20pips程度
・利食い:目標 20pips

トレード3

・取引通貨ペア:ユーロ/円【EUR/JPY】
・売買方針:売り
・ストップ:平均20pips程度
・利食い:目標 20pips

1時間足と4時間足の状況

毎度のごとく、上位足でサクッと移動平均線の並びをチェックします。気をつけるのは、1時間足のMACDくらいです。

ゼロ上にあるかどうかは、パッと見て判断できますが、ゴールデンクロスしてるのかどうか微妙なときがあるので、メーターを入れています。これでサクッとチェック。これだけです。

スキャルピングの環境認識図

上のチャートは、米ドル/スイスフラン【USD/CHF】の4時間足と1時間足です。買いトレードは、移動平均線の数値が小さな順に上から下に並んだ場合です。

また、売りの場合は買いの場合の逆に並びます。

売りを実行したユーロ/米ドル【EUR/USD】とユーロ/円【EUR/JPY】は、そのように並んでいました(チャート図は省略)。

為替が動く時間帯は毎日大体決まってますが、同じタイミングで3通貨ペアがこのようなチャンスです。

5分足でのエントリーポイントを工夫

普段は、一定のルールの下、指値を使ってエントリーを行います。下のチャートは、売りの場合の指値位置です(買いの場合も同じ)。

エントリーポイント図

詳細な取引ルールにつきましては、別記事『5分足のトレード手法(スキャルピング~デイトレード編)』にて解説しています。

常にチャートを見ているわけでは無いので、大体は指値を入れておきます。そうすると、1本の時もあれば2本の時もあり、入らないケースもあります。以下の記事がトレードできなかった例です。

指値が入らず終了・・・ポンド/円

ポンド円に売りのチャンスが到来しています。 5分足で戦略を立てましたが、なんと1本も指値が入らず行ってしまいました。 取引概要 ・取引通貨ペア:ポンド/円【GBP/JPY】 ・売買方針:売り ・ストッ ...

続きを見る

しかし、指値が入らなくても、レートは上位足で確認したトレンドの方向に動く傾向にありますので、トレードに至らない場合は損した気分になります。

そこで、チャートを見ながらエントリーできる場合は、少し工夫してトライしてみることにしました。

エントリーの改良点

  • 指値位置:ピンクのライン1本のみ
  • 成行のタイミング:RSIが上限(下限)に達したとき

とりあえず、この2点をルールとして加えてトレードしてみました。

トレード結果

3通貨ペアのスキャルピングによるトレード経緯は、以下の5分足チャートです。

米ドル/スイスフラン【USD/CHF】~買い

米ドル/スイスフランの買いスキャルピング図

最初のエントリーは、『成行1』です。いきなりルール無視です。これは、いつもの癖というか、黄色、青のラインで指値を入れていましたので、条件反射的に入れてしまいました。

そして、『指値1』ですが、これがレートが甘かったのか、僅かな差で入りませんでした。しかも、このタイミングでRSIが底を叩きました(青丸部分)。「指値が入ってない」ことも相まって、すかさず『成行2』を実行。

慣れていない方法なのであたふたしましたが、2つの買いポジションを建てられました。

利食い目標は、20pips程度でしたので、緑の線にタッチしたところで全決済しました。トレールすれば良かったですが、他2通貨ペアもあるので、これで終了です。

ユーロ/米ドル【EUR/USD】~売り

ユーロ/米ドルのスキャルピング図

次は、売りのトレードです。指値はピンクライン1本に置き、RSIの天井を待ちます。ちょうど青のラインを上抜けた辺りでRSIが天井を打ちましたので(赤丸)、ローソク足が確定してから次のローソク足で『成行1』です。

ピンクまで戻してくれるのを期待しましたが、ユーロ/米ドルは、結局この1本がポジションです。

利食い目標は20pipsでしたので、到達した時点ですかさず決済して完了です。これ以降も下落しましたが、勝ったのでOKです。

ユーロ/円【EUR/JPY】~売り

ユーロ/円のスキャルピング図

3通貨ペア目です。

最初の『成行1』は、RSIの天井です。青いラインまで引きつけて、上手く入れました。ピンクラインまで届くかどうかでしたが、近くまで戻してそのまま下落です。少しタイミングが遅れましたが、図の位置で『成行2』を実行。

もう最初に決めたルールがメチャクチャですw。

利食いも早まってしまい、どこに何の根拠もあるわけで無く決済してしまいました。気づくと2つのポジション合わせて+20.2pips。

これで全てのポジションが決済され、トータル+70.8pipsとなりました。

トレードを終えて

RSIをエントリーの補助として加えてみましたが、天井や底に付いた瞬間にエントリーするのは、かなりの集中力が必要です。そして、ローソク足が形成中なので、最良のタイミングかどうかは結果論になります。

ですから、RSIが天井、底をつけた次の足でエントリーする方が良いと考えます。より引っ張りたいなら、次ではなく、その次でも良いのかもしれません。結果は未知ですが。

色々課題が残った感じがする新ルールでしたが、パソコンに張り付いてチャートを見られる時は、改良しながらこの方法を続けてみます。

また、これはスキャルピングなのかデイトレなのか分かりませんが、何か慌ただしい感じがするので、スキャルピングに感じてしまいます。

  • この記事を書いた人
ごろちっぱ

ごろちっぱ

ゆったり為替氏に指導を仰ぎ、2014年からFXのスイングトレードを主体として実トレードを開始。2018年に短期トレードの師匠と出会い、デイトレ・スキャルピングを修行中。

-FXの5分足手法
-, ,

Copyright© スキャルピング実践ブログ , 2020 All Rights Reserved.