FXの5分足手法

指標発表時刻を乗り切り勝利【ユーロ/カナダドル】+30pips

【2020年7月10日のトレード】
ユーロ/カナダドルの5分足によるデイトレードです。

ポジション保有時は、以下の経済指標の発表と重なる予定でした。

アメリカ・生産者物価指数 06月
カナダ・雇用統計 06月

多かれ少なかれ、経済指標の影響は出ると覚悟しなければなりません。

いろいろ影響がありましたので、それを含めて記録しました。

取引概要


・取引通貨ペア:ユーロ/カナダドル【EUR/CAD】
・トレード足:5分足
・売買方針:買い
・ストップ:損切りは入れません
・利食い:目標 20pips程度

上位足のチェック

最初に、上位足で相場の環境をチェックです。

下図は、4時間足と1時間足のエントリー直後のチャートです。

相場環境認識EUR/CAD(4時間,1時間足チャート2020年7月10日)

移動平均線の並び順、MACDの推移位置・クロスの状況、両時間軸で全ての条件がパーフェクト状態で揃っています。

1時間足では、ローソク足が移動平均線(20SMA)にタッチして、上昇を開始しています(まだ確定ではありません)。

買いエントリーのタイミング

下のチャートは、5分足でエントリーしたタイミングです。

EUR/CAD成行買い位置(5分足チャート2020年7月10日)

移動平均線(黄色)を下抜け、RSI35%あたりで1本目のエントリーを実行。時刻は21時くらいです。30分以内に決着が付かなければ、指標発表と重なります。

指標時に下に大きく動いたとしても、オーダーは『買い』なので、損切りを入れずに持ちこたえる予定です。

下のチャートは、エントリーを追加した図です。21時15分を回っています。

成行2は、タイミングを誤った感じがしますが、スプレッドが広がっていた為です。それを見越して、3本目を入れました。

スプレッドが広がってきて、トレードするには環境が良いとはいえない状況ですが、ピンクの移動平均線を下抜けたら、もう1本買いのエントリーを入れる予定でした。

指標発表時の状況【トレードの様子と結果】

以下は、トレードの様子です。

指標時のチャート5分足(EUR/CAD2020年7月10日)

指標発表直後に、一旦上昇を開始しましたが、突如スプレッドが広がり始めました。

『くるぞ!』と待ち構えていたら、スプレッドが最大11pipsまで広がり、5分足のローソク足1本で約30pipsの動きを見せました。

これでは、エントリーチャンスなどありません。

そして、一瞬で上昇しましたので、即利食いしてトレード終了です。

3本のエントリーのトータル利益は、30.3pipsでした。

利食い下手は相変わらず

せっかく経済指標発表を乗り切ったのに、利食いが下手すぎて笑ってしまいます。

下図は、トレード終了後の5分足チャートです。トレード範囲も載せてます。

筆者がどれほど利食いが下手かという象徴的な絵かもしれません。

  • この記事を書いた人
ごろちっぱ

ごろちっぱ

ゆったり為替氏に指導を仰ぎ、2014年からFXのスイングトレードを主体として実トレードを開始。2018年に短期トレードの師匠と出会い、デイトレ・スキャルピングを修行中。

-FXの5分足手法
-

Copyright© スキャルピング実践ブログ , 2020 All Rights Reserved.