FXの5分足手法

敗戦|5分足スキャルピング【ユーロ/カナダドル】

【2020年6月25日のスキャルピング】
ユーロ/カナダドルによる5分足でのスキャルピングのトレード概要と結果です。

勝てるパターンだと思いましたが、色眼鏡で曇っていたせいか、敗戦でした。

取引概要


・取引通貨ペア:ユーロ/カナダドル【EUR/CAD】
・トレード足:5分足
・売買方針:買い
・ストップ:20pips程度
・利食い:目標 20pips程度

1時間足のチャート図です。

環境分析EUR/CAD (1時間足チャート2020年6月25)

前回高値から急落しましたが、徐々に上昇して『V時』で回復しています。これから上昇するかもしれません(色眼鏡)。

zigzagは、黄色いラインに押しを付けて、MACDは、微妙ですが0ラインより上でゴールデンクロスしています(色眼鏡)。

5分足はどうでしょう。下のチャートは、既に5分足でエントリーした後の図です。

EUR/CAD エントリー位置(5分足チャート2020年6月25)

zigzagは、黄色いラインに押しを付けています。

MACDはゴールデンクロスしていますが、ゼロラインより下で推移しています。このまま上昇すれば、ゼロラインより上に来るでしょう(色眼鏡)。

そして売りポジションの損切りが、一定量溜まっていると予測できます(図の赤枠部分)。これを上抜けると、相当な利益が期待できるでしょう(色眼鏡)。

と、このようなバイアス状態でのエントリーでした。

下のチャートは、トレードの様子と、損切りされた結果です。

EUR/CAD 損切り(5分足チャート2020年6月25)

上昇する気配を見せましたが、結局、チャートの通りSTOPにかかり、15.9pipsの損切りで終了です。

トレードを終えて

これだけ色眼鏡を付けて相場に臨んだら、前が曇って見えませんね。バイアスだらけのトレードでは、損切りに引っかかるのも当然です。合掌・・・

  • この記事を書いた人
ごろちっぱ

ごろちっぱ

ゆったり為替氏に指導を仰ぎ、2014年からFXのスイングトレードを主体として実トレードを開始。2018年に短期トレードの師匠と出会い、デイトレ・スキャルピングを修行中。

-FXの5分足手法
-

Copyright© スキャルピング実践ブログ , 2020 All Rights Reserved.