1分足スキャルピング

長いトレード時間になった1分足スキャルピング(米ドル/カナダドル)

【2020年8月24日のトレードです】
1分足でサクッとトレードできそうなチャートを見つけてトレードしましたが、予想外の
4時間に及ぶトレードになった例です。

4時間も粘ったのですから、さぞかし儲かったと思うかもしれませんが、11pipsです…。

こういうこともあるでしょう。

取引概要


・取引通貨ペア:米ドル/カナダドル【USD/CAD】
・トレード足:1分足
・売買方針:売り
・ストップ:5pips程度
・利食い:目標 10pips程度

1時間足の状況

下図は、米ドル/カナダドルの1時間足チャートです。

米ドル/カナダドルの1時間足チャート

黄色の移動平均線(EMA)に対して、綺麗に戻りを付けているわけではありませんが、意識されているであろう為替レート(黒のライン)に何度も戻されています。

そして、MACDがデッドクロスして、かつゼロラインより下で推移し始めようとしていますので、下位の足(5分足)で同じ傾向であれば、売りのチャンスです。

5分足の状況

下図は、米ドル/カナダドルの5分足チャートです。

米ドル/カナダドルの5分足チャート

黄色の移動平均線(EMA)に戻りを付けて、MACDがゼロラインより下でデッドクロスしています。今、まさに下落しようとしています。

というか、5分足でのエントリーチャンスを完全に逃してしまっています。5分足でエントリーする場合、青の枠で囲った辺りがエントリーポイントです。そこで、なんとか1分足でのエントリーポイントを探ります。

1分足でのエントリーポイント

エントリーポイント(米ドル/カナダドル1分足チャート)

5分足と同様に、黄色の移動平均線(EMA)に戻りを付けて、MACDがゼロラインより下で推移しています。

ここで、デッドクロスしたところで成行で売りのエントリーを決行しました。エントリー位置と黒の一点鎖線の乖離は、スプレッドによる差です。

損切りと利食い

損切り位置は、1分足の黄色の移動平均線より少し上に置きます(5pips程度)。

利食い位置は、下図の赤のラインに目標を置きます。

米ドル/カナダドルの15分足チャート

1分足と5分足に適当な利食い位置を見つけられませんでしたので、15分足で利食い位置を設定しました。

トレード範囲と結果

下は、1分足にトレード範囲を示したチャート図です。

トレード範囲と利食いポイント(米ドル/カナダドル1分足チャート)

1分足で10pipsをサクッと取る予定が、なかなか落ちてくれずに、図のようなトレードになりました。

長い時間の割りには利食い幅が少ないですが、こういうこともあるということで、記事にしておきます。

  • この記事を書いた人
ごろちっぱ

ごろちっぱ

ゆったり為替氏に指導を仰ぎ、2014年からFXのスイングトレードを主体として実トレードを開始。2018年に短期トレードの師匠と出会い、デイトレ・スキャルピングを修行中。

-1分足スキャルピング
-

Copyright© スキャルピング実践ブログ , 2020 All Rights Reserved.