1分足スキャルピング

米ドル/円下落中に飛び乗りスキャルピング(+10.5pips)

コロナウィルスが発生してから、相場の動きがやや鈍くなり、なかなかトレンドが発生してくれませんね。じっとチャンスが来るのを待ち構えて待ち構えて、そのうち相場を忘れてました(実際は気にしてましたが)。

本日、作業中に一息ついてチャートを眺めてみると、ドル/円が下落していました。トレードチャンスは、既に通り過ぎていましたが、あまり大きな利益を期待できませんが、チャンスが再到来です。

見逃す手はありません。

取引概要


・取引通貨ペア:米ドル/円【USD/JPY】
・売買方針:売り
・ストップ:8pips程度
・利食い:目標 リスクリワード1:1

4時間足、1時間足、5分足が下落方向で一致しています。しかも、MACDはゼロ下でデッドクロス中。いわゆるパーフェクトオーダーです。

ところが、チャートに気づいたタイミングでは『時既に遅し』です。。。が、1分足にエントリーチャンスが再到来しましたので、ここでトレードを決行!

図にある【理想的なエントリーポイント】は見逃してしまいましたが、それでも11pipsの利益となりました。

トレードを終えて

エントリーポイントが遅れ気味でしたので、損切りポイントを考えた場合、リスクリワードは1:1のトレードです。損切りが8pipsなので、利益も8pipsが目標です。

結果的にはそれ以上の利益となりましたので、満足と言いたいところですが、利益確定の決済後、更に下落を続けました。

パーフェクトオーダーでしたので、もう少し引っ張れば良かったかなと、欲をかいた考えを持ってしまいましたが、『利食いは正義』と考えます。

  • この記事を書いた人
ごろちっぱ

ごろちっぱ

ゆったり為替氏に指導を仰ぎ、2014年からFXのスイングトレードを主体として実トレードを開始。2018年に短期トレードの師匠と出会い、デイトレ・スキャルピングを修行中。

-1分足スキャルピング
-

Copyright© スキャルピング実践ブログ , 2020 All Rights Reserved.