FXの5分足手法

【豪ドル/カナダドル】5分足スキャルピングで+17.3pips

【2020年7月6日のトレード】
ここ数日は、豪ドル絡みの通貨ペアの買いトレードが良さそうでした。

今週月曜日から、トレードチャンスが数回訪れていた豪ドル/カナダドルは、7月3日にトレードして勝利しています。

再びチャンスが訪れましたので、チャレンジです。ただし、前回とは違いスキャルピングで勝負です。

以下、トレード概要と結果です。

取引概要


・取引通貨ペア:豪ドル/カナダドル【AUD/CAD】
・トレード足:5分足
・売買方針:買い
・ストップ:20pips程度
・利食い:目標 20pips程度

最初に1時間足で、相場環境の確認をします。

相場環境分析AUD/CAD 1時間足チャート(2020年7月6日)

スキャルピングでは、1時間足チャートで以下の事項をチェックします。

  • ローソク足の位置:EMAライン(黄色線)より上で押しを付けている ○
  • MACD:0ラインより上でゴールデンクロスしている ○

これだけです。パット見て判断します。そして、条件は揃っています。

5分足チャートを確認します。チェック項目は、1時間足とまったく同じです。

これで条件が揃っていれば、1分足でエントリーポイントを探しますが、タイミングによっては、5分足でも1分足でもOKです。

今回は5分足によるスキャルピングです。

以下は、5分足でエントリーした直後のチャート図です。

AUD/CAD 5分足チャートエントリー位置(2020年7月6日)

ゴールデンクロスするタイミングが、たまたま5分足で遭遇したので、1分足をチェックせずに、そのままエントリーです(赤丸部分)。

利食い目標

直近の高値を、当面の利食い目標にします。超えていくようであれば、20pipsくらい取れたら満足するでしょう。

筆者は、利食いが上手くないので、いつも曖昧ですw

トレード結果

トレードする足は5分足です。下図は、エントリー直後のチャートです。

AUD/CAD 5分足チャート利食い位置(2020年7月6日)

すんなりと上昇して欲しいのですが、相場はそうそう甘くはありませんね。

zigzagベースで見ると、前回の高値を更新せずに下落し始めました。これは損切りされるかもと思いましたが、EMAラインに押しを付けて再上しています。

その後は、直近の最高値(赤線)付近で揉み合いましたが、チャートの通りサクッと上昇してくれました。

満足のいく利が乗ったところで決済です。17.3pips獲得で終了。

  • この記事を書いた人
ごろちっぱ

ごろちっぱ

ゆったり為替氏に指導を仰ぎ、2014年からFXのスイングトレードを主体として実トレードを開始。2018年に短期トレードの師匠と出会い、デイトレ・スキャルピングを修行中。

-FXの5分足手法
-

Copyright© スキャルピング実践ブログ , 2020 All Rights Reserved.