5分足トレード

米ドル/円売り~半値戻しでプラス21.8pips

本日は、日中にチャートをチェックできる時間が取れなかったため、トレードは諦め模様でした。狙っているポンド円もトレードできる形になってないし。

そこで、就寝前に相場チェックで終了と思いきや、ドル/円【USD/JPY】にチャンスが来るかもしれない状況を発見。大きな利益は見込めませんが、そこそこ取れる可能性があるので、トレード決行。

取引概要


・取引通貨ペア:米ドル/円【USD/JPY】
・売買方針:売り
・ストップ:平均20pips程度
・利食い:目標 半値戻し

4時間足は、移動平均線が『売り』の条件で揃っています。ちょっと陽線が大きいので心配ですが、1時間足をチェックしてみましょう。

日中は下落が続いていましたが、2つ前の足に陽線のピンバーが発生して、次のローソク足も陽線ですが、1時間足でも『売り』の条件で揃っています。続いて、5分足を確認します。

5分足でも『売り』の条件が揃っていますので、緑の線を越えた辺りで上図のように3本の指値を入れます。

結局、黄色と青の線の指値2本約定して、下落を開始しました。

利食い目標

5分足の直近最安値を狙いたいところですが、4時間足、1時間足が現在陽線です。5分足の下落の勢いもそんなに強く感じません。

そこで、5分足で上昇したレートの半分(上図のy)を利食い目標にしました。『半値戻し』です。

半値戻しも危ういのでは?と不安に思いましたので、頃合いで「成行決済」でトレードを終了させました。

指値二つ分の利益は、トータル+21.8pipsと、まあまあの満足度です。

  • この記事を書いた人
ごろちっぱ

ごろちっぱ

ゆったり為替氏に指導を仰ぎ、2014年からFXのスイングトレードを主体として実トレードを開始。2018年に短期トレードの師匠と出会い、デイトレ・スキャルピングを修行中。

-5分足トレード
-

Copyright© スキャルピング実践ブログ , 2020 All Rights Reserved.