FXの5分足手法

米ドル/円売り+8.8pipsで終了zzz

ドル円(USD/JPY)が夕方から動き出して50pips以上の下落幅があり、107円を一気に割ってきました。

その初動でスキャルピングを仕掛けましたが、利食いがうまくいかず、結局+13pips。

ドル円(USD/JPY)スキャルピング【4月28日】

そこで、次は指値を使って戻り売りを狙います。

取引概要


・取引通貨ペア:米ドル/円【USD/JPY】
・売買方針:売り
・ストップ:平均20pips程度
・利食い:目標 5分足の直近最安値辺り


4時間足、1時間足共に前回の安値を更新して下落しました。レートは107円を割ってきています。チャートの状況は、移動平均線、MACDが『売り』の条件で揃っています。

5分足で、エントリーポイントを探りましょう。

5分足の『売り』の条件が揃った直後なので、絶好のトレード場面です。

緑の線を越えた辺りで上図のように3本の指値を入れます。この時点で、既に1本入っていますが、前回下落した半値辺りに黄色い線がありますので、指値はこの1本のみになる可能性があります。

さて、既に深夜0時を過ぎていますが、このまま放置で寝るか、決着が付くまで起きてるか。というところで、値動きがすこぶる悪くなりましたのでこの辺で終了します。

結局、黄色の指値のみ約定して、+8.8pips(ドンマイ)。

  • この記事を書いた人
ごろちっぱ

ごろちっぱ

ゆったり為替氏に指導を仰ぎ、2014年からFXのスイングトレードを主体として実トレードを開始。2018年に短期トレードの師匠と出会い、デイトレ・スキャルピングを修行中。

-FXの5分足手法
-

Copyright© スキャルピング実践ブログ , 2020 All Rights Reserved.