1分足スキャルピング

ユーロ/米ドル買いの1分足スキャルピング【+10.3pips】

【2020年7月2日のトレード】
ユーロ/米ドルは、週足ボリンジャーバンドでは、+1σと+2σの間を行ったり来たりしながら推移しています。バンドウォークに発展するかどうかは、まだ分かりません。

日足では、移動平均線のミドルラインと-1σの間で推移していて、ややレンジ気味です。
4時間足の移動平均線20SMAは、日足の20SMAの下で推移していて、ローソク足は20SMA上でレンジ気味に推移しています。(チャート図は省略)

1分足のスキャルピングは、1時間足で大局を計りますが、今回は買いのトレードを検討する上で少し曖昧な状況なので、上位足も確認しました。

結局、売り目線ではないが、絶対的な買い目線とも言えない状況です。

下のチャートは、ユーロ/米ドルの1時間足チャートです。

EUR/USD1時間足チャート(2020年7月2日)

曖昧な状況というのは、完璧な状況と比べると分かりやすいです。1分足スキャルで1時間足を確認する場合の、買いの条件は以下の通りです。

現在のローソク足がEMAより上で推移している:○
EMAラインに押しを付けている:×
MACDがゼロ上ゴールデン中:○

※EMAラインは、黄色のラインです。

以上のような条件の下ですが、1時間足では、Wボトムのネックラインに押しを付けて再上昇していますので、ここから上昇する可能性はあります。

という判断を下したうえで、5分足の状況をチェックた後、1分足で買いのチャンスでトレードを実行しました。

取引概要とトレード結果は、以下の通りです。

取引概要


・取引通貨ペア:ユーロ/米ドル【EUR/USD】
・トレード足:1分足
・売買方針:買い
・ストップ:10pips程度
・利食い:目標 10pips程度

下図は、5分足チャートです。

EUR/USD5分足チャート(2020年7月2日)

既にEMAに押しを付けて上昇していました。ここでエントリーすると『高値掴み』になる可能性があります。

こういうケースでは、トレードを見送ることが多いですが、1分足ではチャンスでした。

トレード結果

下図は、1分足チャートです。トレード範囲を薄いピンクで囲っています。

EUR/USD1分足チャート(2020年7月2日)

ローソク足の位置、zigzagが押しを付けている位置、MACDの推移や状況が完璧です。

いつものように、MACDゴールデンクロスのタイミングでエントリーし、10pips程度抜けたらトレード完了です。

約15分で、10.3pips獲得です。

トレードを終えて

1時間足では、いわゆるパーフェクトオーダーではありませんでしたが、重要なポイントに補助線を引いてみると、以降の流れを予測できるポイントを発見できることもあります。

補助線は、エントリーばかりではなく、利食いや損切りの計画を立てる場合においても、主役級の働きをしてくれる場合がありますね。

このトレードのルールや手法については、別記事『1分足スキャルピングの方法』でご案内しています。

  • この記事を書いた人
ごろちっぱ

ごろちっぱ

ゆったり為替氏に指導を仰ぎ、2014年からFXのスイングトレードを主体として実トレードを開始。2018年に短期トレードの師匠と出会い、デイトレ・スキャルピングを修行中。

-1分足スキャルピング
-

Copyright© スキャルピング実践ブログ , 2020 All Rights Reserved.