1分足スキャルピング

経済指標を回避してサクッと13pips獲得(EUR/USD売りスキャル)

【2020年9月4日のトレード】
昨日は、ユーロ/米ドルの売りのスキャルピング中に、ダイバージェンスが発生しかけたので即撤退し、僅か2.2pipsの微益というトレードを記事にしました。

本日は、昨日と同じ通貨ペアで売りの1分足スキャルピングを実行し、13pips取れてスッキリしましたので記事にします。

経済指標がありましたので、チャンスが来ても指標の影響が収まるまでじっと我慢し、強風が過ぎ去った後のチャンスで”ぱっ”とエントリーして”サクッ”と終了しました。

取引概要


・取引通貨ペア:ユーロ/米ドル【EUR/USD】
・トレード足:1分足
・売買方針:売り
・ストップ:10pips程度
・利食い:目標 10pips程度

1時間足は大陰線

1時間足をチェックすると、大きな陰線でレンジっぽい局面を突破しています。チャート図の時刻が欠けていますが、21時台(53分)です。

1時間足の相場分析(EUR/USD)

売りのスキャルピングを実行する際に決めているルールは以下の通りです。

現在のローソク足がEMAより下で推移している:○
zigzagがEMAラインに戻りを付けている:○
MACDがゼロ下デッドクロス中:▲

※EMAラインは、黄色の移動平均線です。

MACDがゼロ下で推移していますが、デッドクロス寸前ではあるものの、まだ確定しません。しかし、残り7分で1時間足が確定すると、間違いなくデッドクロスします。よって、この条件をクリアしていると判断します。

5分足は大荒れを見せるが

5分足チャートでは、目まぐるしくレートが上下しました。20分前くらいからドカンと動き出しています。

5分足の相場分析(EUR/USD)

上図の最後のローソク足(陰線)は、大きな動きを見せているものの、指標時の荒々しい動きとは違い、一段落したような動きに落ち着いています。

この時の時刻は21時58分です。あと2分でローソク足が確定します。

トレードのルール目線でチェックすると、以下の通りです。

現在のローソク足がEMAより下で推移している:○
zigzagがEMAラインに戻りを付けている:×
MACDがゼロ下デッドクロス中:○

zigzagとEMAの関係が微妙ですが、ローソク足ベースではレンジ局面を下抜けしていると判断しました。この動きだと陰線で終わるという判断をして、売り目線で1分足でのエントリーチャンスを探します。

1分足でエントリー

1分足のエントリー基準は、以下の通りです。

現在のローソク足がEMAより下で推移している:○
zigzagがEMAラインに戻りを付けている:▲

ローソク足がEMA近くで戻りを付けていますので、MACDがゼロ下でデッドクロス(下図の赤丸)でトレード開始です。

1分足のポジション(EUR/USD)

本来であれば、もう少し前のタイミングでトレードを開始できたのですが、経済指標の荒波を回避すると決めていましたので、利幅はそれほど期待できませんが、勝てる確率性は高いと判断しています。

トレード結果

下図はトレード範囲と結果を示した1分足チャートです。

スキャルピングの取引範囲(EUR/USD9月4日)

僅か7分弱のトレード時間でしたが、10pips取れたので利食いして終了です。

ただ、トレード中に利食いを再検討すると、以下のラインまで下落するのでは?という考えが浮かびました。

下は、1時間足チャートです

やはり落ちました。後の祭りです…。

ドンマイ。

  • この記事を書いた人
ごろちっぱ

ごろちっぱ

ゆったり為替氏に指導を仰ぎ、2014年からFXのスイングトレードを主体として実トレードを開始。2018年に短期トレードの師匠と出会い、デイトレ・スキャルピングを修行中。

-1分足スキャルピング
-

Copyright© スキャルピング実践ブログ , 2020 All Rights Reserved.