FXの5分足手法

痛恨のミス【米ドル/円売りオーダーと早合点-9.0pips】

【7月20日のトレードです】
上位足のチェックを見誤り。痛恨の敗退。。

最初にトレード結果からです。

取引概要


・取引通貨ペア:米ドル/円【USD/JPY】
・トレード足:5分足
・売買方針:売り
・ストップ:20pips程度
・利食い:目標 20pips程度

エントリーポイント

米ドル円5分足チャート(買いを売りと勘違い)

移動平均線の並びが、売りのオーダーです。ここから上昇を待って、移動平均線の黄色、青、ピンクと成行、または指値を入れて行きます。

RSIが35%を叩いたら、成行でエントリーしていきます。

いつものパターンで、なにも問題ありません。完璧です。

何かがおかしい・・・

エントリー直後は直ぐに下落しましたが、下ヒゲのピンバーで跳ね返されます。こういうこともあるでしょう。

MACDはゼロ上ですが、デッドクロスしましたので、ここから再下落!

と思いきや、上昇し始めます。ゴールデンクロスした当たりから、何やら怪しい雰囲気になりました。なにか動きが違います。。

いつもなら、ピンクのラインで成行か指値を仕掛けるのですが、様子見しました。

トレード結果

おかしい、おかしいと思ったら、突如として昇竜しました。

即決済して損切りしました。-9.0pipsの損失です。

しかし、納得がいきません。

このオーダーの形をもって損切られるのか?

上位足の再チェック

上位足の環境認識(ドル円1時間足)

4時間足は、移動平均線は売りオーダーです。MACDはゼロ下でゴールデンクロス中です。

1時間足・・・。

移動平均線の並びが、トレードするオーダーになっていません。

このトレードのルールでは、レンジを示唆していますので、上昇・下落どっちに行くか判断できません。

したがって、本来は見送るべきでした。

これは、痛すぎる敗退です。

しかし、納得はしました・・・。

  • この記事を書いた人
ごろちっぱ

ごろちっぱ

ゆったり為替氏に指導を仰ぎ、2014年からFXのスイングトレードを主体として実トレードを開始。2018年に短期トレードの師匠と出会い、デイトレ・スキャルピングを修行中。

-FXの5分足手法
-,

Copyright© スキャルピング実践ブログ , 2020 All Rights Reserved.