FXの5分足手法

【相場分析】豪ドル/円(AUD/JPY)の週明け予想

7月はトレンドが発生した通貨ペアが多かったように思います。トレーダーの皆様は、さぞかし稼がれたことでしょう。

さて、7月31日の米ドル/円とクロス円のチャート図を下に並べました。すべて5分足です。

2020年7月31日の円売りチャート(暴騰)

上位足で見ると、トレンドが継続して続伸した通貨ペアもあれば、転換して急騰した通貨ペアもあり、様々です。

要するに、円が急激に売られたということです。理由は分かりません。

5分足のZIGZAGベースで、1本のラインの底から天井までを見て、どのくらい上昇したかを確認すると、

  • 米ドル/円:約160pips
  • ユーロ/円:約105pips
  • 豪ドル/円:約70pips
  • ポンド/円:約240pips
  • スイスフラン/円:約110pips
  • カナダドル/円:約115pips

こういう感じです。

ポンド円が突出していますが、さすがですね。そして、最小が豪ドル/円で唯一の二桁台です。

これを獲得したトレーダーは、うらやましいですね~。

来週の狙い目

さて、来週の最初は、豪ドル/円の買いチャンスを狙っていこうと考えています。

下のチャート図は、日足と4時間足です。

日足を長い期間で見ると、上値は徐々に切り下がってきている様子が分かります。

一方、4時間足で見ると、長い期間上昇トレンドが続いているように見えます。この4時間足の上昇が、どこまで続くか?

上昇は続くのか?

日足のチャートの右上に赤丸があります。下図はその拡大図です。

緩い下降が分かるラインが黒のラインです。

現在との価格差は、250pips(2円50銭)ほどあります。上値の抵抗とも読める黒いラインまで上昇が続くとすれば、十分な利益を獲得できます。

前回高値が、前々回の高値を超えていますので、上昇を期待できる形ではあります。ただし、相当な高値圏ですから、日足の上値抵抗線に戻される可能性も十分あります。

トレード足

トレードする足は、5分足です。下図はシナリオです。

2020年8月3日のトレーで戦略図(豪ドル/円)

このトレードで紹介している、5分足のルールでトレードします。相場認識する際の上位足は、4時間と1時間足ですが、7月31日(金)の上昇で完全に整いました。

どの移動平均線で反発するか不明ですが、このような動きをした場合は、いつも通りにエントリーしていく予定です。

月曜日の窓開け

来週月曜日の始値が、窓開けでスタートするとやっかいです。

思いっきりピンクの移動平均線まで下落してくれると、トレードしやすいですが、中途半端な位置だと、買いようがありません。

ということで、トレードは、月曜の成行次第になるでしょう。

窓開けはどうなった?

さて、週も月も明けて、8月がスタートです。先週、狙いを付けておいた豪ドル/円はどうなったでしょうか。

朝チャートを確認しました。

下は、先週金曜日と、今朝(月曜日)を並べています。

窓開けチャート(豪ドル/円)

7月31日の終値と8月3日の始値とに窓ができました。

そして、移動平均線の青で反発して、既に窓が埋まっています。

指値でトレードするか?ですが、やりませんw

ただし、早起きして窓埋めのトレードなら、スプレッドと窓の開き具合と相談してやるかもしれません。

ということで、豪ドル/円は、買い目線で注視します。

なお、窓埋めのトレードは、別記事「窓埋めトレードの検証」で詳しく解説しています。

  • この記事を書いた人
ごろちっぱ

ごろちっぱ

ゆったり為替氏に指導を仰ぎ、2014年からFXのスイングトレードを主体として実トレードを開始。2018年に短期トレードの師匠と出会い、デイトレ・スキャルピングを修行中。

-FXの5分足手法
-,

Copyright© スキャルピング実践ブログ , 2020 All Rights Reserved.