5分足トレード

ユーロ/米ドル売りで+15.8pips

今日は既に2回トレードを行って、1勝(+13.2pips)1敗(-6.7pips)です。どちらも英ポンド/米ドル(GBP/USD)の売りトレードでした。

英ポンド/米ドルの作戦を練っていた頃、ユーロ/米ドルもチャンスが到来していましたが、それに気づかずに見逃してしまうところでした。

取引概要


・通貨ペア:ユーロ/米ドル【EUR/USD】
・売買方針:売り
・ストップ:10pips程度
・利食い:目標 20pips程度

微妙な上位足の相場状況

ユーロ/米ドル【EUR/USD】1時間足と4時間足チャート

移動平均線の並びとMACDが示しているのは、売りの状況です。

しかし、ローソク足が4時間足、1時間足共に陽線なので、このまま上昇してしまう可能性もあります。1時間足だけで考えると、ミドルラインを突破していますので、上昇の可能性は高いです。

MACDは、ゼロ下でデッドクロスしていますので、まだ完全に上昇とは判断できませんので、5分足にチャンスがあればトレードに踏み切ります。

5分足は行ってしまったか?

ユーロ/米ドル5分足でのエントリーポイント

5分足を確認すると、既に指値を入れる基準ライン(黄色と青)を越えています。ここで、成行で売りのエントリーを仕掛けました。もう1本は、ピンクのラインに指値。損切りはピンクのラインの少し上に適当に入れます。

あまり検討する時間が無かったので、『利食いは様子を見て』という感じです。なんか急ぎすぎて適当になってないか心配です。

トレード結果

ユーロ/米ドル5分足での取引結果

結果は、指値が入らず、成行エントリー1本のみのトレードとなりました。少し利食いが早いかと思いましたが、1時間足のMACDがゴールデンクロス確定する前に終了です。

+15.8pipsで勝利です。

  • この記事を書いた人
ごろちっぱ

ごろちっぱ

ゆったり為替氏に指導を仰ぎ、2014年からFXのスイングトレードを主体として実トレードを開始。2018年に短期トレードの師匠と出会い、デイトレ・スキャルピングを修行中。

-5分足トレード
-

Copyright© スキャルピング実践ブログ , 2020 All Rights Reserved.