FXの5分足手法

骨折り損になったトレード【米ドル/スイスフラン】

【2020年6月18日のトレードです】
ポジポジ病にでもかかってしまったか?というような、ダメなトレードの紹介です。

結果的には微益でしたが、骨折り損のくたびれもうけとは、このようなトレードです。

記事を読んでも何の役にも立たないかもしれませんので、悪しからず。。

取引概要


・取引通貨ペア:米ドル/スイスフラン【USD/CHF】
・トレード足:5分足
・売買方針:売り
・ストップ:10pips程度ならいいか
・利食い:目標 10pips程度ならラッキー

4時間足の相場状況から確認していきます。

米ドル/スイスフラン(4時間足)

一見、移動平均線は綺麗に売りのオーダーが揃っているように見えます。確かに揃っています。

しかし、肝心のMACDがゴールデンクロス中です。しかもローソク足は陽線で上昇中。

この時点で「トレードしない」と言う決断を下すべきでした。

普段はそうするのですが、何を血迷ったか1時間足のチェックを開始します。

米ドル/スイスフラン(1時間足)

「1時間足の状況は、移動平均線、MACDが売りの条件で揃ってる!」

後でよく見ると、MACDはデッドクロスはしているものの、完全にゼロ下に入ってきていません。バイアスがかかっていたのか、これを売りオーダーと思ってしまったようです。

すると、当然のごとく5分足でエントリーポイントを探します。

運悪く、エントリーポイントがありました。

米ドル/スイスフラン(5分足)

1本目のエントリーで、サクッと下落したので、素早く利食いすれば良いものを、欲をかいているうちに、下図のようにドドン!と上昇してしまいました。

そして、こともあろうに、ピンクのラインを越えてきた瞬間、2本目のエントリーです。

このエントリーは、「トレードをチャラにしよう」という考えがよぎったと思います。

トレード結果

プラスマイナス0で終了しようと考え、下落の勢いが強い陰線が出現中に、タイミングを見てチャラになった瞬間に終了させました。

終わってみると+2.2pipsでしたが、これは負けトレードも同然です。

5分足での利食い位置(ドル/フラン)

その後。

でした。。。

  • この記事を書いた人
ごろちっぱ

ごろちっぱ

ゆったり為替氏に指導を仰ぎ、2014年からFXのスイングトレードを主体として実トレードを開始。2018年に短期トレードの師匠と出会い、デイトレ・スキャルピングを修行中。

-FXの5分足手法
-

Copyright© スキャルピング実践ブログ , 2020 All Rights Reserved.