2人のトレーダーがデイトレード~スキャルピングに挑戦中!

このブログでは、FXトレードに必要な相場分析やトレード手法、それを基にしたスキャルピングとデイトレードの結果を綴っていきます。

スキャルピングに挑戦するのは、2人のトレーダーですが、実は、得意とするのは日足や週足、時には月足を使うトレードです。

今回は、1分足、5分足、1時間足を利用してトレードするデイトレード(スキャルピング)に挑戦していきます。

トレードのやり方【1分足の基本編】

トレード方法は、マルチタイムフレームによって相場状況を確認し、ルールに従って1分足でエントリーします。

手順の概要は以下の通りです。

利用する時間足

1時間足、5分足、1分足を利用します。

  • 1時間足:相場の方向性を判断します。
  • 5分足:相場の方向性を判断します。
  • 1分足:実際のトレードに利用します。

利用するインジケーター

このトレードに必須となるインジケーターは、以下の通りです。

ココがポイント


・MACD
・zigzag
・EMAライン(黄色い線)
・ボリンジャーバンド

なお、このトレード専用に開発されたインジケーターが完成しましたので、それをMT4に導入すると、以下のようになります。

スキャルピング用インジケーターの詳細につきましてはデイスキャFX公式サイトでご確認ください。

利用するFX会社

1分足のスキャルピングなので、1日に何度もトレードを繰り返す可能性もあります。場合によっては、数分で完結するトレードになることもあります。

よって、スキャルピングOKの会社を選ぶ必要があります。また、スプレッドも低い会社を選ぶべきでしょう。

スキャルピングOKの会社で、上記のインジケータをすべて利用でき、スプレッドが業界最狭水準なのは、国内ではヒロセ通商のLIONFXとなります。

LIONFX 公式サイトへ

なお、相場の確認用にMT4を活用しています。利用しているMT4は、日本の会社であるゴールデンウェイジャパン(FXTF MT4)です。取説や情報などの仕様が日本人向けなので、ストレスなく利用できます。

FXTF MT4 公式サイトへ

基本ルール

注意ポイント

トレードする足は1分足
損切り位置は、基本的に黄色い線
利食い位置は、満足する位置

トレードの手順

step
1
取引する通貨ペアを探す

  1. 任意の通貨ペアの1時間足で、現在のローソク足が黄色い線より上か下かを確認。
  2. 5分足で1と同様のチェックを行う。
  3. 1分足で1と同様のチェックを行う。
  4. 1、2、3が同じ位置にあることを確認(異なる場合は他の通貨ペアをチェック)。
  5. 同じ位置にある通貨ペアを取引対象の通貨ペアとする。

step
2
取引方針

  • 現在のローソク足が黄色い線より上:買い
  • 現在のローソク足が黄色い線より下:売り

step
3
エントリー方法


トレードする足は1分足です。

  • 買いの場合、黄色い線より上で押し目がつくのを待つ。
  • 売りの場合、黄色い線より下で戻りがつくのを待つ。

step
4
エントリーするタイミング

  • 買いの場合:Zigzagで押し目がつきMACDがゴールデンクロスしたら成行で買い
  • 売りの場合:Zigzagで戻りがつきMACDがデットクロスしたら成行で売り

step
5
損切り(ロスカット)設定


エントリー後、逆指値でロスカット価格を設定する。

  • 買いの場合:黄色い線の少し下
  • 売りの場合:黄色い線の少し上

step
6
利食い


満足できる価格に到達したら成行で決済する。
ボリンジャーバンドの±3σにタッチしたら利食いする、あるいはトレール注文に切り替えるなどの目安にします。

取引対象とする通貨ペア

対象通貨は、スプレッドが1pips以下の通貨ペアを推奨します。
参考までに、以下の通貨ペアが該当するケースが多いです。

  • USD/JPY
  • EUR/JPY
  • GBP/JPY
  • AUD/JPY
  • EUR/USD
  • AUD/USD
  • GBP/USD

割とシンプルなトレード方法です。スキャルピングの基本編は以上です。

なお、1分足によるスキャルピングのトレード経緯や結果につきましては、当スキャルピングブログのカテゴリ『1分足トレード』内の記事に、チャート図などを織り交ぜて説明していますのでご参照下さい。

また、5分足でトレードする場合については、別記事『スキャルピング~デイトレード5分足編』にて解説しています。

Copyright© スキャルピング実践ブログ , 2020 All Rights Reserved.